英会話をマスターするためのブログ

-  |  次の2件 »

英会話をマスターするためのブログ TOP PAGE



英会話は正しい手順で継続して勉強すれば身につきます。

英会話は誰でも出来るようになります。しかし、正しい手順で自ら勉強をしっかり進めて行かなければ身につけることが難しいものです。勉強開始時の英語力を把握し目標を立てて勉強を行っていく必要があります。

初めは無理のない学習計画を立てて勉強を進めて、英語の勉強自体が毎日の生活の一部となるように勉強を進めていくと良いと思います。

勉強を開始する前には、まずしっかりとした準備が必要です。
英語力の把握』の記事から順に複数の記事で、勉強を開始する前の準備に関して詳細な内容を説明していますので、矢印の指示に従い見てください。(『英語力の把握』→『英語勉強の継続と習慣化』の記事まで)



英会話の勉強では、勉強を開始する事が一番難しい。

英会話の勉強は開始することが一番難しいものです。なぜなら、今まで行っていなかったことを始めるには、かなりのパワーが必要になるからです。しかし勉強を始めて数ヶ月も継続することが出来れば、その後も勉強を継続していけるようになると思います。
掲示板(英会話勉強で大事な事).JPG

最も大事なことは『英語に関する大きな目標を持つこと』と、もう一つは『最初は、簡単な勉強から始めてみる』ことだと思います

これについては、『英語学習の進め方』の記事で御紹介をしておりますので見てください。



英会話勉強の進め方

英会話は英語を聞いて理解し、英語のアウトプットが出来ないと成立しません。相手の話を理解して、それに対して自分が英語で答えることを継続していくことが必要になってきます。

このためには、十分な英語知識が頭にインプットされていることが必要であるし、英語の聴き取りとアウトプットが出来るように日々の勉強で慣れておく必要があります。

勉強を開始する前に、まずは自分の現在の英語力を確認して、どの勉強から始めるべきかを考えてみる事が重要です。

英文法の知識をかなり身に着けている人であれば、英語の運用能力を高めるためにリスニングとスピーキングの勉強に集中することが英会話を習得するための最短ルートになるはずです。

当サイトでは、英会話の勉強方法が理解出来るように
英会話勉強の始め方が分らない人へ』と『英会話勉強の手順』の2つの記事で勉強法を御紹介しています。



英語の分野別勉強法と英語力の向上との関係

分野別勉強と英語力向上の関係』の記事の中で本件に関して、管理人自身の考えを纏めてみました。リンク先の記事の図を見ると分かりますが、英語力の基本は英文法です。

英文法をしっかり身につけていないと、TOEICでも点数は向上しませんし、分野別の勉強を行っても総合英語力は向上出来ないでしょう。

従い、まずはしっかりと英文法を身につけるように勉強することが重要です。



英会話が出来るようになるにはかなりの時間が必要です。

英会話を身につけるにはどれくらいの時間が必要?』という記事の中で具体的にどれくらいの時間が必要なのか説明を行っています。

勉強開始時点における英語力によって異なってきますが、英会話が出来るようになるには、誰でも数年間は勉強が必要になります。

従い、英会話を出来るようになりたいと考えている人は、早く勉強をスタートした方が良いでしょう。



自発的に勉強しなければ英語は身につかない。

英語は自発的に勉強を進めて行かなければ、身につけることはできません。

しかし、『英語の勉強は面倒くさい』とか『苦痛に感じる』など人によって、いろいろと感じたりするものです。しかし語学は結局のところ、自ら覚えようとしたり、勉強しなければ身につかないのです。楽をして身につける方法はありません。

『1日5分からの英会話勉強』と宣伝を行っている教材など、カンタンに身につくような広告を見たりします。確かに、それらの教材の中には良い教材もあるので、良い教材を選択して英語勉強に慣れることから始めて、少しずつ自発的な勉強を取り入れていくのも良い方法だと思います。

『英語を身につけることが簡単のように受けとれる』宣伝を行っている教材もありますが、あれは『誇大広告』と考えるのではなく、『英語勉強のスタートを切り易くしてくれている』のです。

大事なことは、どの教材を使っても『真剣に聞く、内容を覚える、アウトプット勉強をする』ということを自発的に行っていかなければ英会話は身に付かないということです。

自発的に英語を勉強することの重要性』という記事の中で本件について管理人の考えを述べていますので見てください。



英語の四技能別勉強における注意点

当サイトでは分野別勉強法の記事や他の記事などで、各勉強方法や注意点などを御紹介していますが、特に大事な項目について下記に纏めてみました。
(四技能のアルファベットは、詳細な勉強法に関する記事にリンクしてあります。)
4_abilities.png
英会話コラム リスニング勉強英会話コラム リーディング勉強英会話コラム 英会話勉強法英会話コラム 英作文勉強法


なぜネイティブの話す英語を聞き取れないのか

英語のリスニング勉強を進める場合は、「英語の聞き取りが難しい理由」を明確に理解しておくことが重要です。

日本人が英語を聞き取れないのは英語と日本語では周波数帯域が異なっており、英語を聞いてきた時間が圧倒的に少ないという事が一番の理由です。このため、英語をたくさん聞いて英語の周波数に慣れる必要があります。

また、ネイティブの話す英語を聞いていると早くて聞き取れないと感じることがあると思います。

しかし、実際は早いのではなく短く発音されているために聞こえない場合があるのです。どのような場合に短く発音しているのかを理解しておかないと、いつまでたってもリスニングは上達しません。

このため発音の勉強は非常に重要です。『英語の発音の勉強』の記事で発音勉強の重要性について御紹介しています。



英会話表現を覚えると会話で英語が楽に話せるようになります。

英会話をマスターする早道は英会話表現を覚えて、それを使えるようにすることです。対話形式のリスニング教材でリスニング勉強を行いながら、使用頻度の高い表現を覚えていくと良いと思います。

このサイトでは一般会話からビジネス会話にも使える表現を『英会話表現を覚えよう』の記事で御紹介しています。



勉強するためには、ある程度の自己投資も必要になります。

英会話を独学で身につける為には、英語を効率よく習得するために製作された教材を使ってスキマ時間に英語を聞く事が最短の方法であると思います。

オススメ英会話教材リスト』の記事で紹介しているような教材を使って勉強をすれば、短時間で英語力を向上させることも可能であると考えます。

英会話教材はとても高価なものですが、受講すれば目標到達までの時間を短縮することも可能だと思います。言い換えると、お金で教材を買うというよりは、“お金で時間を買う“と言ってもいいかもしれません。

将来的に英語が出来るようになりたいと考えるのであれば、自己投資は惜しまない方が良いと思います。



外国人と話す機会が無い人は、自ら機会を作りましょう

最近は、自宅から自分のパソコンのスカイプを使って格安なレッスンの受講ができるオンライン英会話が増えています。このような教室で勉強する場合、自分の都合のよい時に受講できる為、受講の継続がしやすいので、英会話を習慣にすることも難しくないと思います。

写真(パソコンで勉強する女性).jpg


オンライン英会話体験談』の記事に管理人が複数のレッスンを実際に受講して感じた事や比較表を纏めてみました。
どの教室でも無料で1回〜2回のおためしレッスンの受講が可能となっていますので、まずは無料レッスンを受講してみると良いと思います。


英会話のトレーニングの為の教材

30日間英語脳育成プログラム』は、国際的な言語学者が開発した効果的に英語を身につけることができる教材です。その効果の高さから、官公庁や企業、英会話スクール等で多数の採用実績があります。

購入者に対するアンケート結果で、『練習開始後2週間で英語を話す練習は効果がありましたか』の質問に対して、95%の購入者が『YES』と回答しているほどです。

私も『30日間英語脳育成プログラム 中級編』を所有していますが、この教材でトレーニングすることによって、英語のリスニング力とアウトプット力の両方の上達を実感しています。

総合的な英会話のトレーニングを行うことができる教材です。



英会話の勉強法が見つからない人へ

人によって最も効率的な勉強方法は異なってくるかもしれません。それは人にはいろいろなタイプがあり、勉強方法によっては向き不向きがあるからです。

しかし、英会話力を向上させる為に必要な勉強法は基本的には誰でも同じであると思うのです。要は人によって勉強の仕方を自分流にアレンジすることが必要で、完全に同じことをすると必ず上手く行くと言うわけではないという事です。

写真(英語勉強法).jpg


当サイトでは、アドバイスになればと考えて『勉強を始める前に』、『勉強の基本概要』そして『勉強の具体的方法』の記事の中で、一般的な勉強法を紹介しています。

紹介している勉強法を参考にして自分にベストな勉強法にアレンジしてみてください。これまで英語以外でも多くの勉強をしてこられた皆さんであれば、自分のベストな勉強方法は既に分かっている人も多いはずです。

自分にとって、どうすれば効率良く勉強できるか、良く工夫してみてください。そのために当サイトが少しでもお役に立てれば管理人として、これ以上嬉しいことはありません。



どうやっても勉強が始められない人へ

一番難しい事は勉強を開始することかもしれないことを既に述べてきました。しかし英会話は勉強しなければ身につけることはできません。

英会話は全ての日本人に必要なものと言っても言い過ぎではないと考えるべきだと思います。英会話が出来ない人は、このままの自分で良いのか、少し危機感を持って早く行動を起こすことが肝心だと思います。

写真(グローバル化).jpg


これまで勉強しようと何回も決心したけれど、スタートを切ることが出来なかった人、途中で勉強をやめてしまった人などに対して、アドバイスになればと考えて『どうしても勉強のヤル気が起きない人へ』という記事を書いてみました。

勉強のスタートを切ることが出来ていない人は、この記事を読んで良く考えてみてください。



当サイトの御利用方法

当サイトでは、英語の初心者、初級者及び中級くらいの英語力をすでにお持ちの方に対して、日常生活や仕事で必要となる英会話ができるようになるための勉強法や英会話の実践方法を御紹介しています。

これらの情報は、これまで当サイトの管理人が長年にわたって行ってきた英語勉強方法で、英語勉強中や、実際に英語を使用している時に経験したり感じた事が情報源になっています。

これから本格的に英語勉強を開始したいと考えている方や、既に英語勉強を開始している方の為に有益となるであろうと思われる勉強情報を御紹介しておりますが、なかなか見たい情報が見つからない場合があると思います。

この為、訪問者様の目的別に探したい情報が見つかり易いよう、サイト内容の見方を上記のリンク先にて簡単に御紹介をしていますので御確認願います。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「〜するのはまっぴらごめんだ」を英語で言うと

誰にでも嫌いなもの(人を含めて)があると思いますが、好きなんだけど嫌いな所がある場合もあれば、全てが嫌いという場合もあると思います。


「嫌い」という感情を示す場合、直接に「嫌い」という言葉を使わずに「好き」という言葉の否定文を使って「好きではありません」と言う場合は、「嫌い」という感情を少しは和らげて伝える事が出来ると思います。


しかし、「それが完全に嫌い」であったり、「それをしたくない」、「関わりたくない」という一方的な感情しかない場合は「ひどく嫌っている状態」であるため、やんわりと気持ちを伝えるどころではないでしょう。


人が「〜はまっぴらごめんだ」と言う場合は、考えるだけで「ムカついてしまう」とか「大嫌い」という感情しか持っていない状態と言えるので、英語で言う場合も「ひどく嫌う」という意味を持つ英単語を使うことになります。


「嫌う」という意味を持つ英単語には下記のようなものがあります。


don’ t like
dislike
hate
detest
loathe


上記の英単語以外にも「ひどく嫌う」という意味を持つ英単語はありますが、良く使われる英単語を並べてみました。


「don’ t like」と「dislike」はほぼ同じ意味を持っていますが、「don’t like」の方が意味は弱いと思います。


「hate」、「detest」、「loathe」は「嫌う」という意味がありますが、「hate」よりも「detest」、「detest」よりも「loathe」の方がより強い意味を持っていると言われています。



今回のテーマである「〜するのはまっぴらごめんだ」を英語で言う場合、下記のような英語表現となります。



<英会話フレーズ例1>
I loathe studying English.
「英語を勉強するのはまっぴらごめんだ。」



<英会話フレーズ例2>
I loathe working with him.
「彼と仕事をするのはまっぴらごめんだ。」



英会話において「嫌う」と言う意味を持つ英文を言う場合は、「don’t like」や「dislike」、「hate」を使うことが出来れば十分であると思います。


「loathe」という英単語は聞いた事が無い人もいらっしゃるかもしれません。英語の上級者でもあまり知らない英単語であると思います。


「loathe」という英単語は「〜するのをひどく嫌う」、「むかつく」という意味を持っていますので、覚えておくと良いと思います。








| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の2件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 英会話をマスターするためのブログ All Rights Reserved.