英会話をマスターするためのブログ TOP PAGE

英会話は正しい手順で継続勉強すれば身につきます。 英会話は誰でも出来るようになります。しかし、正しい手順で勉強を継続しなければ身につけることが難しいものです。勉強開始時の英語力を把握し目標を立てて勉強を行っていく必要があります。 初めは無理のない学習計画を立てて勉強を進めて、英語の勉強自体が毎日の生活の一部となるように勉強を進めていくと良いと思います。 勉強を開始する前には、まずしっかりとした準備が必要です。 『英語力の把握』の記事から順に複数の記事で、勉強を開始する前の準備に関して詳細な内容を説明していますので、矢印の指示に従い見てください。(『英語力の把握』→『英語勉強の継続と習慣化』の記事まで) 英会話の勉強では、勉強を開始する事が一番難しい。 英会話の勉強は開始することが一番難しいものです。なぜなら、今まで行っていなかったことを始めることは簡単ではないからです。しかし勉強を始めて数ヶ月も継続することが出来れば、その後も勉強を継続していけるようになると思います。 勉強を開始する為に最も大事なことは『英語に関する明確な目標を持つこと』と、もう一つは『最初は、簡単な勉強から始めてみる』ことだと思います。 これについては、『英語学習の進め方』の記事で御紹介をしておりますので見てください。 英会話勉強の進め方 英会話は英語を聞いて理解し、英語のアウトプットが出来ないと成立しません。相手の話を理解して、それに対して自分が英語で答えることを継続して…

続きを読む

「はっきりさせましょう」を英語で言うと

今、何かはっきりしていない事があって、もやもやしていませんか? はっきりしない事があるのであれば、早めにはっきりさせた方が精神的にも落ち着きますし、いろいろな事が上手く進む可能性が高くなるでしょう。 「~と・・・の違いは何であるのか?」、「~の答えはYesかNoか?」、「この仕事の目的は何であるのか?」、「~についての上長の考えは何か?」、「~に対する彼の意見は?」など、はっきりとさせたい事はいろいろとあるはずです。 このように、はっきりしないで曖昧になっている事が私達の廻りには沢山あるのかもしれません。 曖昧である方が上手く行くこともあるのかもしれませんが、やっぱり「はっきり」させた方が良いと思います。 特に何かを始める前には、はっきりしていない事は出来るだけ明確にするようにしましょう。 前置きが長くなりましたが、今回は「はっきりさせる」という意味を持つ英語表現例を御紹介したいと思います。 <英語表現例1> Let’s get one thing straight. 「ひとつだけはっきりさせましょう。」 <英語表現例2> Let me get one thing straight before starting the work. 「仕事を始める前に一つはっきりさせて下さい。」 <英語表現例3> Let me make one thing clear. 「一つはっ…

続きを読む

「朝飯前」を英語で言うと

何かを行う時に「物凄く簡単に出来る」場合、「そんなの朝飯前だよ!」という表現を使うことがあると思います この「朝飯前」とは、朝飯を食べる前の少しの時間でも出来てしまうような簡単な事を意味しています。 しかし最近では、「超簡単」というような言葉の方が良く使われているかもしれません。 また「楽勝だよ」、「こんなのどうってことないよ」と言うような表現も同じような意味を持つ言葉です。 このように言い方は異なっていたとしても、同じような意味を持つ言葉が沢山あるわけですが、同様に英語でも同じような意味を持つ言葉が沢山あります。 英語で「朝飯前」と言う意味をもつ言葉は幾つかありますので、今回はそれらの英語表現例を御紹介したいと思います。 <英語表現例1> It’s a piece of cake. 「そんなの朝飯前だよ。」 <英語表現例2> No sweat. 「朝飯前さ」 <英語表現例3> I can do it with my eyes closed. 「そんなの朝飯前だよ!」 <英語表現例4> It is a cinch. 「そんなの朝飯前だよ!」 英語表現例1の「piece of cake」で「朝飯前」という意味があります。「ひとつのケーキくらい簡単に食べてしまう」ということから「朝飯前」という意味になっています。 英語表現例2の「sweat」…

続きを読む

JourneyとTripの違いとは

私は今年、まだ行った事がない場所へ旅行したいと考えています。海外ではなく国内旅行をしたいと考えていて、旅行先の検討しているところです。 目的地で観光したり、何か美味しいものを食べるのも楽しみですが、目的地への移動や目的地から家までの移動の時間も楽しみではあります。 ところで「旅行」を英語で言うと、「journey」や「trip」という英単語が頭に浮かぶと思いますが、どのような違いがあるのか、そして、どのように使い分けるべきであるのか、みなさんはご存知でしょうか? 厳密に言うと、「旅行」を意味する英単語は上記の英単語以外にもありますが、「journey」や「trip」は良く使われる英単語であると思うので、今回はこれらの英単語の違いについて説明したいと思います。 1. journeyの持つ意味 「journey」は、車や電車、飛行機などを使って家から目的地までの「移動」の事を意味する英単語です。通常の場合、「journey」は目的地までの長い旅の事を意味します。 2. tripの持つ意味 「Trip」は、家から目的地までの移動と、目的地で過ごした時間、そして目的地から家までの移動を含めたすべての事を意味します。要するに、「trip」は「家を出てから、再び家にもどってくる」までの全てを含んでいることになります。 Journey とtripには上記のような意味の違いがあるわけですが、どのように使い分けたら良いの…

続きを読む

「私は簡単にはあきらめない」を英語で言うと

目標を達成するために最も重要な事は「あきらめない」ことです。 何をやるにしても簡単ではありませんが、何があっても途中で止めないで継続して行う事が出来れば、誰でも目標を達成する確率を高める事ができるはずです。 しかし、続けていると辛くて苦しい事もあって、途中で止めてしまいたくなることがあると思います。 そんな時でも簡単に「あきらめない」で、少し「抵抗」してみることが重要だと思います。 手足をバタバタさせても良いので、なんとかしようと「もがいてみる」と乗り切ってしまうことが出来るのではないでしょうか? 継続して何かをやることで「貴重な経験を積む」ことが出来ると思うので、多くの事を継続して行っていくべきだと思います。 最終的に目標を達成できなかったとしても、その後に他の事を行っていく場合に継続して行った経験を生かす事が出来るはずです。 何をするにも「継続」は重要ですので、出来れば「継続」を習慣化出来るようにしてみましょう。 前置きが長くなりましたが、今回は「私は簡単にはあきらめない」という英語表現例を御紹介したいと思います。 <英語表現例1> I am not a quitter. 「私は簡単にはあきらめない。」 <英語表現例2> I am a quitter. 「私は簡単にあきらめる人です。」 上記の英語表現に使われている「quitter」は、「やめる」とい…

続きを読む

「いつもの私ではなかった」を英語で言うと

あなたは、今日、いつも通りの自分で過ごす事が出来ましたか? 仕事において、いつもであればしないようなミスを多くしてしまったり、不安な事や心配な事があるとき等は気持ちが落ち着かないものですが、そのような時に「いつも通りの自分ではない」と感じることがあると思います。 「いつも通りの自分ではない」と感じると、「なぜいつも通りに出来ないのか?」と自分の事を不快に感じたり、自分を責めてしまう事もあると思います。 人間の心や体の状態は周期的に変化するものです。また、その時の状況によっては多く事について考える必要があったりしますし、非常に疲れてしまっている場合もあるでしょう。 または、精神的に大きなダメージを受けるような出来事があったとき等は、「いつも通りの自分でいる」事は難しい事だと思います。 何かしらの変化は必ずあるはずなので、毎日をいつも通りに過ごしている人なんて存在していないと思います。 なので、「いつも通りの自分ではない」と感じるような時があっても、あまり気にしないようにすることが大切だと思います。 他の人から「あなたらしくない」と言われてしまうくらいの日もあるかもしれませんが、人の目を気にし過ぎないようにしましょう。 前置きが長くなりましたが、今回は「いつもの私ではなかった」という英語表現例を御紹介したいと思います。 <英語表現例1> I was not myself today. 「今…

続きを読む

「そんな風にならないで」を英語で言うと

今回御紹介する英語表現は、話をする相手の感情の変化に合わせて使えるものですので、確実に覚えて下さい。 これまで相手と楽しく話をしていたのに、急に「悲しい話」に話題が変わってしまうと、相手の気持ちも「しょんぼり」と落ち込んでしまうものです。 そんなときはどんな風に相手に声を掛けますか? きっと、「そんなに落ち込まないで!」というように言葉を返して相手を励ましたりするのではないでしょうか? また、これまでは普通に会話をしていたのに、「ちょっとした一言」によって相手が気分を壊してしまい、怒りだすこともあるかもしれません。 そんなときはどんな風に相手に声を掛けますか? きっと「そんな風に怒らないで!」と言って、相手の気持ちを落ち着かせようとすると思います。 これまでの会話で普通に、そして楽しく会話をしていたとしても、突然に話題が変わってしまうと、聞いている側の気持ちが落ち込んでしまったり、怒ってしまうなど感情が変化してしまうことがあると思います。 人間であるので、話を聞いているうちに「暗くなってしまったり」、「悲しくなってしまったり」、「怒ってしまったり」など感情を抑える事が出来ない事は、日々沢山あると思います。 大人であったとしても、突然の話の変化に対応出来ず、マイナスの感情を相手に見せてしまうこともあるかもしれませんが、これは人間なので仕方ない事だと思います。 そんな時に大切な事は「現実…

続きを読む